二十年ホイップで乾燥を防ぎくすみのない肌を作る

 

洗顔のしすぎは肌がつっぱりやすくなる

くすみを改善したくて洗顔に力を入れていたら、乾燥がひどくなったということはないでしょうか。顔の色が暗く見える原因となる毛穴の汚れをしっかり落としたとしても、潤いが逃げて角質層が厚くなり、余計くすみが目立ってきている可能性があります。

この場合、今の状態をよくしようと、さらに丁寧に洗顔を行っても悪化するばかりで改善策にはならないですし、乾燥で肌荒れが起きザラザラとした手触りや見た目になっていきます。とはいえ洗浄力が弱い洗顔料を使えば汚れは落ちず、くすみ改善にもつながらず、つねに洗顔後の肌はつっぱりやすくなってしまいます。

 

二十年ホイップで理想の素肌へ

皮膚表面の汚れだけでなく角質層のくすみにも働きかけて、キレイな素肌を目指していくのが二十年ホイップです。強すぎない洗浄力が魅力の二十年ホイップは小さな気泡が隅々の汚れを絡め取るほか、潤い成分のホエイが角質層に水分を与えることで肌の保湿性を高めていきます。

潤いが満たされていけば自然と角質層は薄くなっていき、内側からの透明感を引き出せるようになるのです。程よい洗浄力のため、乾燥にて敏感になりがちな肌にも安心して使用できます。肌の潤い不足はくすみを作り出し、次第にシミやキメの乱れなどにつながるので、洗顔料の選び方には注意したいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です